So-net無料ブログ作成

【ヒ素】辛ラーメン アレンジ パエリア [ドキュメント関連]

韓国の代表的なインスタント麺
『辛ラーメン』からヒ素、鉛、銅などが検出。


下記の動画は、辛ラーメンをアレンジしたパエリアの作り方



>>詳細はこちらをクリック<<



台湾紙「今週刊」は13日、
10月と11月に複数メーカーの即席ラーメンの調味料の袋から
銅、鉛、ヒ素、水銀などの重金属が検出されたと報じていた。


辛ラーメンのメーカーは11月14日、
『重金属の含有量は国家基準の範囲内である』
とコメントしたもよう。



サンプル商品は「維力炸醤麺醤料袋」やカルフールで購入した
「康師傅香辣牛肉麺」、統一肉燥および
韓国の辛ラーメンが含まれている。



検査機関が2回に分けて検査を行った7つのサンプルのうち、
味王原汁牛肉湯麺という名のの調味油からは微量の銅が、
五木香葱拌面からヒ素と銅が検出された。


その他にも、康師傅香辣牛肉麺や、
日本でも販売されている韓国の辛ラーメン、
統一老壇酸菜牛肉麺、味丹味味A排骨鶏湯からは、
いずれもヒ素、鉛、銅が検出されたとの報告が挙がっている。


もっとも気を付けるべきは、
ネットで購入した美食阿舎排骨鶏湯麺だ。


これには、上記3種類の重金属のほか、
おどろくべきことに水銀まで検出された。



そのうち、統一老壇酸菜牛肉麺は
銅と鉛の含有量がそれぞれ1.73ppm(mg/kg)と
0.222ppmと最も高い数値が検出されている。


そして、我々日本人に最も馴染みのある
辛ラーメンからのヒ素の含有量が最も高かったようだ。


その数値は0.532ppm。


さまざまな事例によるところから
無機ヒ素の致死量は、体重1kgにつき2~3mとされ、
成人では100~300mgと言われている。


※ppmとは100万分の1を意味する単位で、
 1ppm=0.0001%を意味する。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます