So-net無料ブログ作成

【引退】トーセンジョーダン ジャパンカップ2013 追い切り 岩田 [スポーツ関連]

良血馬トーセンスターダムが断然人気に応え連勝!
京都2歳S


トーセンスターダム新馬戦



>>詳細はこちらをクリック<<



23日に京都競馬場にて、
行われた京都2歳S(2歳・OP・芝2000m)において、
道中は後方で進めた武豊騎手騎乗の1番人気、
トーセンスターダム(牡2、栗東・池江泰寿厩舎)が、
直線に入って外から脚を伸ばし、
逃げ粘る5番人気アグネスドリーム(牡2、栗東・森秀行厩舎)を
ゴール寸前で捕らえて、これにアタマ差をつけ優勝した。


この時の勝ちタイムは2分0秒8(良)。



さらに1.1/2馬身差の3着に4番人気
サトノロブロイ(牡2、栗東・南井克巳厩舎)が入った。


なお、2番人気ピークトラム(牡2、栗東・橋口弘次郎厩舎)は
サトノロブロイから1/2馬身差の4着という結果に。


次いで3番人気のマイネルメリエンダ(牡2、美浦・和田正一郎厩舎)は
多くの予想を裏切り7着に終わった。


今回勝利したトーセンスターダムは、
父ディープインパクト、母アドマイヤキラメキ、
その父エンドスウィープという最高の血統。


叔父に2011年の天皇賞(秋)をレコード勝ちした
トーセンジョーダンがおり、
2012年の1歳セレクトセールで
2億6250万円(税込)の最高価格で取引された。


好位に付けた新馬戦とは一転して後方からの競馬となったが、
これをキッチリと差し切り、デビュー2連勝を決めた。



【勝ち馬プロフィール】
◆トーセンスターダム(牡2)
騎手:武豊
厩舎:栗東・池江泰寿
父:ディープインパクト
母:アドマイヤキラメキ
母父:エンドスウィープ
馬主:島川隆哉
生産者:ノーザンファーム
通算成績:2戦2勝





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます